FC2ブログ










今年もまた・・・天上の華

今年もちらほら彼岸花の写真が見られるようになりました

ということで今日、いつもながらの権現堂公園に行ってきました



満開!!というより遠目ではわかりませんが
微妙に遅かったようです

DSCN3320_convert_20180923114358.jpg

彼岸花も年々増殖して今では350万本とか・・・

DSCN3322_convert_20180923114422.jpg

DSCN3323_convert_20180923114449.jpg


DSCN3328_convert_20180923114519.jpg

秋の七草のひとつ   藤袴(フジバカマ)

DSCN3329_convert_20180923114544.jpg

今日はかなり蒸し暑かったのですが
もう秋なんですね~

DSCN3330_convert_20180923114617.jpg

桜の根本

DSCN3333_convert_20180923114727.jpg

斜面を緋色に染める

DSCN3331_convert_20180923114653.jpg

彼岸花

今年もまた愛でることができて感謝です
スポンサーサイト
[ 2018/09/23 12:03 ] | TB(-) | CM(-)

地下神殿へ   (首都圏外かく放水路)

連日の猛暑酷暑もやっと収まり今日は朝から過ごしやすいです

昨日のゲリラ豪雨もすごかったみたいですね

まりん地区ではあまり降りませんでしたが、同じ県内でも被害が出たところもあったようです

皆様にところはいかがだったでしょうか?


酷暑の真っ最中に、春日部市にある首都圏外かく放水路の見学に行ってきました


外郭放水路の説明があります


DSCN3267_convert_20180828100244.jpg


地底50mを貫く総延長6.3㎞のトンネルを通して江戸川に流す
世界最大級の地下放水路です

DSCN3266_convert_20180828100225.jpg

今回見学するのは4番の調圧水槽(地下神殿)と第1立坑です

DSCN3273_convert_20180828100359.jpg

調圧水槽までの116段の階段

DSCN3269_convert_20180828100303.jpg

ここまで水が減ったら排水ポンプを停止するそうです

DSCN3270_convert_20180828100319.jpg

水位がここまでになったら排水を開始するそうです

DSCN3271_convert_20180828100338.jpg

そしてここが地下神殿といわれる調圧水槽

土砂などもかなりたまるそうですが、見学区域だけはきれいになっています

DSCN3275_convert_20180828100416.jpg

地下約22mに作られた、長さ177m、幅78m、高さ18mに及ぶ巨大水槽です

長さ7m、幅2m、高さ18m、重500トンの柱が59本もあり
水槽の天井を支えている光景は圧巻です

DSCN3276_convert_20180828100439.jpg

調圧水槽内から見た第一立坑です

DSCN3279_convert_20180828100514.jpg

116段の階段を上がり再び外へ

ここが第一立坑の入り口になります

DSCN3278_convert_20180828100455.jpg

見学が終わり再び龍館に戻り、2階から外の景色を眺めていると

DSCN3265_convert_20180828100208.jpg

ガラス越しなので見難いです

係りの方がいろいろ説明してくださいました

DSCN3264_convert_20180828100152.jpg

以前は大雨が降るとすぐに水が出て、大きな建物が建てられなかったそうですが
今は建設工事が盛んにおこなわれているそうです

たまには大人の社会科見学も楽しかったですよ~

この後は南越谷阿波踊りを見に行きましたが

もう暑くて暑くて写真を撮る気にもなりませんでした

本場徳島と違って南越谷阿波踊りはますます盛んで
2日間で70万人の人が訪れるそうです

[ 2018/08/28 10:08 ] お出かけ | TB(-) | CM(-)

藪ミョウガ咲く参道を行く

朝比奈切通しの途中を右に曲がると熊野神社に続く道に出ます

どうしてもこの時期に熊野神社に来たかったのは

DSCN3252_convert_20180806145014.jpg

この景色を見たかったため

残念なことに少し時期が過ぎてしまったようです

DSCN3242_convert_20180806144800.jpg

杉木立の中に一面に咲く藪ミョウガの花

もう少し早ければ雪を置いたような純白の花景色を楽しめたのに・・・・

DSCN3241_convert_20180806144733.jpg


DSCN3246_convert_20180806144846.jpg

DSCN3251_convert_20180806144947.jpg

源頼朝が鎌倉に覇府を開くと、艮方(北東方位)の鬼門に当る朝比奈山上に熊野三柱大神を勧請
、創建は文治元年(1185年)から建久3年(1192年)頃
朝夷奈切通開鑿に際して守護神として、執権・北條泰時が社殿を建立したと伝得られています

DSCN3248_convert_20180806144928.jpg

杉木立に囲まれ、静寂の中にたたずむ本殿はそれなりに趣がありました

木々を渡る風が心地よく、本当に離れがたい感じでした

DSCN3255_convert_20180806145040.jpg

再び切通しに戻り朝比奈バス停を目指します

DSCN3258_convert_20180806145059.jpg

人の手によって切り開かれたことがよくわかりますね

DSCN3262_convert_20180806145119.jpg

横浜横須賀道路が見えてきました

DSCN3263_convert_20180806145134.jpg

この下をくぐると朝比奈のバス停はもうすぐです


ピンボケ写真が多くお見苦しくてすみません
[ 2018/08/07 19:06 ] 寺社参拝 | TB(-) | CM(-)

朝比奈切通しを行く

明日は立秋だというのに、いつまでも暑いですね

立秋を過ぎると時候の挨拶は「残暑見舞い」になります

暑い暑い一日、鎌倉7切通しの一つ「朝比奈切通し」を歩いてきました

朝比奈切通しは、鎌倉幕府第三代執権・北条泰時により鎌倉と金沢・六浦を結ぶ道として開削されました。
鎌倉幕府侍所の初代別当となった和田義盛の三男・朝比(夷)奈三郎義秀が、
その強力で一夜にして切り開いたとの伝説から、その名前がついたと言われます。

DSCN3224_convert_20180806144211.jpg

住宅地を抜け切通しに入ると「やぶみょうが」の清楚な白い花が目を引きます

DSCN3236_convert_20180806144621.jpg

朝比奈切通しは名越の切通しとともに当時の面影をよく残している道です


DSCN3229_convert_20180806144328.jpg

タマアジサイも開き始めています

DSCN3230_convert_20180806221000.jpg


DSCN3226_convert_20180806144232.jpg

水引もたくさん見られました

DSCN3231_convert_20180806212338.jpg

大刀洗水 鎌倉5名水の一つ


朝比奈切通しに向かう途中に、梶原景時が太刀を洗ったと言う小さな流れがあります。
見過ごしてしまいそうですが付近は鎌倉時代の古道の雰囲気が伝わってきます。


DSCN3232_convert_20180806213738.jpg

「三郎の滝」

DSCN3233_convert_20180806144529.jpg

小さな流れに沿って道は続きます

DSCN3235_convert_20180806144600.jpg


あちらこちらから水がしみだしてかなりぬかるんでいて、かなり歩きにくいところも多いです


DSCN3238_convert_20180806144640.jpg

摩崖仏 いつ頃掘られたのでしょうか
      だいぶ苔むしていますね   ここで昔から道行く旅人を見守ってきたのでしょうね


DSCN3240_convert_20180806144702.jpg

ここでちょっと寄り道をして熊野神社に向かいます



続く・・・・・

[ 2018/08/06 21:09 ] 鎌倉散策 | TB(-) | CM(-)

          P8200608.jpg

                   暑中お見舞い申し上げます

  今日は大暑

  1年で一番暑い日です


  全くその通りですね


   どうぞ皆様体調管理には十分お気を付けくださいね

[ 2018/07/23 14:35 ] ご挨拶 | TB(-) | CM(-)