三本足の猫ちゃん


土曜、日曜と2日続いての譲渡会でした。

土曜日は参加猫ちゃんが多かったのですが、写真はありません。

日曜日は、6匹の猫ちゃんが、優しい家族との出会いを求めて
集まりました。


  PB280842.jpg


 ビニール越しですので画像が悪いです。

 でも猫ちゃんたちが、風邪でもひいたら困るので・・・


  PB280843.jpg


 怖くてベッドの下にもぐっています。可愛い子なのに ☆


  PB280845.jpg


 一緒なら怖くないね~~



  ちょうど、シエルを保護した頃、同じグループのメンバーが、
  子猫を保護しました。

  2ヶ月弱位の男の子2匹。


  1匹は、元気だったのですが、もう1匹は、後ろ足がぶらぶら状態、
  かなり化膿していて、結局切断することになりました。


  壊死した部分は大体取り除いたのですが、かなり奥まで化膿していたので
  もしかしたら、1年以内に再手術する可能性もあります。


  実は、入院中に写真を撮っていたのですが、誤って削除してしまい
  そのときの画像がありません。


  退院後は兄弟で、同じ家に保護され体調も良いので、
  飼い主さん探しを始めました。



  PB280841.jpg


  不幸中の幸いで、後ろ足だったため日常生活には全く支障はありません。
  ご飯を食べるのはもちろん、トイレも、ちょっとしたジャンプも
  出来ちゃいます。

  まだ毛が生えそろっていないので、見た目は痛々しいですが健康状態は
  良好です。


  痛くて、苦しくて、ご飯も満足に食べられなかったのか
  同じに保護した兄弟に比べると、体も小さく、毛艶も悪いですが
  それは仕方ないですね。


  この子も、もしそのままの状態で外にいたら
  きっと、苦しんで苦しんで死んでいったと思います。

  避妊・去勢に反対する人も多いのですが、こういう子たちを
  作らないことって、大切ではないでしょうか。


  私も、私の仲間も、お腹をすかせて泣いている子や、怪我や病気で
  苦しんでいる子を、平気で無視することは出来ません。

  猫ちゃんたちが、公園でのんびり日向ぼっこをしている姿は
  とても、ほほえましいですけれど、それはほんの一部です。

  生まれた子猫たちは、交通事故にあったり、カラスに食べられたり、
  心無い人間に虐待されたり、決して幸せではありません。


  動物も、人間も幸せになりたいのは同じではないでしょうか。




 ※ 今日はちょっと重たい記事になりました。
   最後まで読んでいただいてありがとうございます。
   
  
スポンサーサイト
[ 2010/11/29 17:16 ] 犬・猫 | TB(0) | CM(16)

タイトル

まりんママさん、こんばんは。

後ろ足を切断した子は
きっと長いこと 見て見ぬふりをされてしまったのでしょうね。
たとえ拾ったのが飼えない人や子供であっても
引きとって治療して 里親をさがしてくれるような施設が
日本にもあったら・・・

命を失くす前にレスキューしてもらえたこの子たちが
愛情深い里親さんとめぐりあえるようお祈りしています。
[ 2010/11/29 20:01 ] [ 編集 ]

タイトル

家の黒猫のポーも後ろ足が欠損しています。
とても臆病な子で、なついてはもらえないのですけど、とても元気。
独りではしゃぎ回って遊んでいます。
事情もイロイロあるのだろうけど、子達に罪はない。
よい里親さんに巡り会えますように。
そして一杯幸せになれますようにお祈りします。
[ 2010/11/29 20:09 ] [ 編集 ]

タイトル

保護される幸せな子猫はほんとうに一握りなのですね。
まりんママさんのブログに出会うまでは、このような活動があること知りませんでした。
このブログで可愛い小さな命が救われますようにと願っています。


[ 2010/11/29 20:51 ] [ 編集 ]

タイトル

   まりんママさん

観光地に行くと、よく猫さんたちが幸せそうに、かたまってるのを見かける、
かと思うと、すぐオロオロ逃げる貧弱な猫さんも。
避妊、去勢は、オロオロ逃げる猫さんを増やさないために、自分は必要だと思います。
まりんママさんは、素晴らしい活動されてると感心してます。
猫さんたち、好い里親さんが見つかると、良いな~!
[ 2010/11/29 21:01 ] [ 編集 ]

こんばんは^^

訪問履歴より、お邪魔させていただきましたv-290
過去記事も読ませて頂きましたが、本当に綺麗なお写真ばかりで、ついつい見入ってしまいましたe-420

今回のお話、胸につまされます・・・・。
私も2匹の猫を飼ってますが、沢山の子供たちに幸せになってもらいたいと願わずにはいられません。
ついつい読んでいて、涙が出て来ました。

>「 生まれた子猫たちは、交通事故にあったり、カラスに食べられたり、」

そうなんです。
私が昔勤めていた所の近くに、とっても可愛い野良の白猫がいるのですが、その子が 定期的に子猫を産むんです。
そしたらそれを狙って、カラスが子猫を食べに来るんですよ。
なんど損な現場を目撃した事か・・・・・。
そして、車通りが激しい所なので、何度も轢かれて死んでいる子達を目撃しました。

力がない自分が悲しい、情けない。
そんな気持ちにかられます。いつか私も、保護活動が出来るような状況を作りたいと思ってます。

初コメなのに、長々とすみませんe-330
また遊びに来させて下さいネe-266
[ 2010/11/29 21:50 ] [ 編集 ]

タイトル

園長さん こんばんは

訪問、コメントありがとうございます。

まだ治療できるときにレスキューできてよかったです。

この活動に携わって10年ぐらいしか経っていないのですが、
それでも、少しづつ周りの意識が変ってきたように思います。

まだここらは、行政が遅れているのですが、都会では「地域猫」
活動が盛んになってきています。

小さな一歩ですが、嬉しいです。
[ 2010/11/29 22:14 ] [ 編集 ]

タイトル

びゆうさん こんばんは

足が一本ないと、人間だったら大変ですけど、
猫ちゃんはあまり気にしてませんね。

皆と同じように、じゃれたり、遊んだり・・・

びゆうさんのおたくのポーちゃんは、きっと怖がりさん
なんでしょうね。

家にも、もう9年一緒にいますけど、いまだになれない子が
います。
無理に慣れなくてもいいとは思うのですが、病気になったときなど、
獣医さんにつれていけないのも困るし・・・と、それだけが心配です。


黒ちゃん、きっといいお宅を探します。

応援ありがとうございます。
[ 2010/11/29 22:22 ] [ 編集 ]

タイトル

つまままさん こんばんは

いつも優しいコメントありがとうございます。

この子達は、きっと、このおばさんたちなら助けてくれると
思って、私たちの目の前に出てくるのだと、いつも仲間達と
言っています。

これをきっかけに、つまままさんのように、こういう活動が
あるということに思いを向けて下さる方が、一人でも増えれば
嬉しいです。
[ 2010/11/29 22:28 ] [ 編集 ]

タイトル

しろさん こんばんは

応援コメントありがとうございます。

観光地でも、きちんと避妊・去勢をして保護してくれるところと
ただ、闇雲に排除しようというところがありますね。

猫さんたちに罪はないのですから、助けられるものなら助けて
あげたいです。

黒ちゃん、幸せを見つけられるよう努力しますね。

[ 2010/11/29 22:35 ] [ 編集 ]

タイトル

蘭さん こんばんは

訪問、コメントありがとうございます。

つい、猫とか、犬とか、自然とか、出ていると覗いてみたくなって、
お邪魔しました。

自由を謳歌しているように見えても、猫さんだって生きるのは
楽なことではないですよね。

蘭さんのお宅の猫さんはきっととても幸せに暮らしているんでしょうね。

それが一番大切なことだと、私は思います。
[ 2010/11/29 22:55 ] [ 編集 ]

タイトル

まず、元気に過ごせる様子なら安心です。
猫とか犬とか動物で足が足りないとか体が不自由とかって動物本人は全く気にならないようです。
自分が他と違うって考えるということや具合が悪いとかも。
飼い主の観察次第なんですよね。

この猫ちゃんには何事もなく普通に楽しい生活ができるよう祈ります。




[ 2010/11/30 13:08 ] [ 編集 ]

タイトル

ツル子さん こんばんは

元気ですよ~
兄弟で結構やんちゃみたいです。


多少の障害なんか気にしない優しい飼い主さん、
早く見つけないと。

でも運の強い子ですから、きっと幸せになれると思います。
[ 2010/11/30 18:35 ] [ 編集 ]

タイトル

三本足の猫ちゃん、元気そうで良かったですね。
性格がひねくれないといいですね。(ひねくれて当然ですが…!)

うちの娘は、目くらの猫とご縁が合ってもう10年を過ぎました。
愛情を一杯貰って今も元気ですが、老衰の方が気がかりです。
いい飼い主さんに出会うといいですね。

ママさんの記事を見て、、、
今日、修善寺自然公園もみじ林に行ってきました。
とても綺麗でした。
[ 2010/11/30 19:45 ] [ 編集 ]

タイトル

わたしも避妊・去勢は必要だと思います
生まれた子猫の世話ができずに捨てたり保健所に処分を依頼する飼い主もいますしね
我が家でも今まで4匹の猫を飼ったことがありますがその内2匹は捨てられた子猫でした
1匹は避妊手術が間に合わずに子猫を出産したんですが1匹を除いて里親を見つけて残った子は我が家で16年家族として暮らしましたよ
生まれた子猫を飼う覚悟がなければ避妊・去勢は必要ですよね
[ 2010/11/30 20:10 ] [ 編集 ]

タイトル

papaさん今晩は

猫派、自分に障害があってもあまり気にしないようですよ。

だから、足が一本欠損してるからと言って性格がひねくれるとは思えません。

娘さんのところの、目の見えない猫さんだって、性格悪くはないでしょう?

ブログ覗いてきましたよ。
私が行ったときは紅葉の進み具合は6割位と言うことでしたが、
きれいで良かったですね。
[ 2010/12/01 00:34 ] [ 編集 ]

タイトル

ケロリンさん こんばんは

いつになったら、不要として処分される動物が減るんでしょうかね。

自分が責任を持って飼えないなら、生ませるべきではありませんよね。

避妊・去勢は犬・猫にとっても、発情のストレスを与えない、
病気の予防になる、等メリットが大きいんですけど・・・

ケロリンさんのお宅の猫ちゃんは16年、幸せに暮らせたんですね。

黒ちゃんも、早く暖かい家庭を見つけてあげないと。

[ 2010/12/01 00:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://marine11225656.blog.fc2.com/tb.php/141-26cdd690